葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の文例・書き方・マナー (雛形・様式・文例・書式・テンプレート・フォーマット )
TOP
プライバシーポリシー
葬儀・葬祭・通夜・会葬・弔事・弔意・香典返し・法事・法要・通知・案内状・礼状・詫び状・招待状



<手紙 「 法事の招待状 」 の文例>
拝啓 吹く風にいくぶん涼しさが感じられるようになりましたが、皆様にはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 さて、早いものでこの○○月○○日は亡き夫○○○○○の○周忌にあたります。
 つきましては拙宅にて、午後○○時より法要を営み、故人を偲びたいと存じます。御多忙中とは存じますが、ぜひともお越しくださいますようお願い申し上げます。
 なお、法要の後粗餐を用意しておりますので、故人の思い出話などを承ることができれば幸いです。


敬具



 手紙 「 法事の招待状 」の書き方

このページは、手紙「 法事の招待状 」の書き方を提供しています。

葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の例文一覧はこちらへ   手紙文例一覧

 「葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の文例・書き方・マナー」は、死亡通知・法要の通知・香典返し・七七日忌の通知・一周忌法要の通知・お悔やみ状等の文例・書式・テンプレート・フォーマットなどの書き方や、葬儀・通夜・法要・告別式のマナーをご提供いたします。

◆お悔やみ状・死亡通知は薄い墨で文字を書く
 「悲しみで涙が流れ、その涙が硯(すずり)に流れ、墨が薄まる。」という意味で、薄い墨で文字を書くのがマナーです。

◆お悔やみ状を書く上でのポイント
お悔やみ状は、弔問に行くことが出来ない場合には、死去を知ったらすぐに送りましょう。
葬儀の後に死去を知った場合にも、お悔やみ状をすぐに送りましょう。
お悔やみ状には、頭語、前文、結語は使わずに書きましょう。
お悔やみ状には、ご遺族を慰める文章を書きましょう。
お悔やみ状をハガキで書くのはマナー違反です。白い便箋に薄い墨で書きましょう。
二重の封筒は、悲しみが重なるという意味にとられるため、マナー違反です。封筒は必ず一重のものを使用しましょう。
不幸の繰り返しを連想させるような表現(「重ね重ね」等)や「追って」等といった表現は避けましょう。

◆死亡通知を書く上でのポイント
死亡通知は、句読点を省略します。同様に、弔問の礼状も句読点は省略します。
死亡通知は、形式を重んじ、「誰が亡くなったのか」・「葬儀はいつか」・「告別式はいつか」といった内容にとどめ、死亡原因には触れません。
死亡通知は、薄い墨で文字を書きます。

◆香典返しを書く上でのポイント
香典返しは、死亡通知・お悔やみ状と異なり、頭語、前文、結語を用います。




サイト内に記載されている情報の無断転載を禁止します。