葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の文例・書き方・マナー (雛形・様式・文例・書式・テンプレート・フォーマット )
TOP
プライバシーポリシー
葬儀・葬祭・通夜・会葬・弔事・弔意・香典返し・法事・法要・通知・案内状・礼状・詫び状・招待状



 ようこそ「 葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の文例・書き方・マナー 」へ

 「葬儀・お悔やみ・弔事の手紙の文例・書き方・マナー」は、死亡通知・法要の通知・香典返し・七七日忌の通知・一周忌法要の通知・お悔やみ状等の文例・書式・テンプレート・フォーマットなどの書き方や、葬儀・通夜・法要・告別式のマナーをご提供いたします。

◆お悔やみ状・死亡通知は薄い墨で文字を書く
 「悲しみで涙が流れ、その涙が硯(すずり)に流れ、墨が薄まる。」という意味で、薄い墨で文字を書くのがマナーです。

◆お悔やみ状を書く上でのポイント
お悔やみ状は、弔問に行くことが出来ない場合には、死去を知ったらすぐに送りましょう。
葬儀の後に死去を知った場合にも、お悔やみ状をすぐに送りましょう。
お悔やみ状には、頭語、前文、結語は使わずに書きましょう。
お悔やみ状には、ご遺族を慰める文章を書きましょう。
お悔やみ状をハガキで書くのはマナー違反です。白い便箋に薄い墨で書きましょう。
二重の封筒は、悲しみが重なるという意味にとられるため、マナー違反です。封筒は必ず一重のものを使用しましょう。
不幸の繰り返しを連想させるような表現(「重ね重ね」等)や「追って」等といった表現は避けましょう。

◆死亡通知を書く上でのポイント
死亡通知は、句読点を省略します。同様に、弔問の礼状も句読点は省略します。
死亡通知は、形式を重んじ、「誰が亡くなったのか」・「葬儀はいつか」・「告別式はいつか」といった内容にとどめ、死亡原因には触れません。
死亡通知は、薄い墨で文字を書きます。

◆香典返しを書く上でのポイント
香典返しは、死亡通知・お悔やみ状と異なり、頭語、前文、結語を用います。




 葬儀・お悔やみ・弔事で使う手紙の文例一覧
「 葬儀・お悔やみ・弔事の手紙 」の書き方
死亡通知(1)・・・葬儀・告別式を葬祭場で営むケース
死亡通知(2)・・・葬儀・告別式を自宅で営むケース
死亡通知(3)・・・社葬の場合
死亡通知(4)・・・葬儀後に出す死亡通知
会葬の礼状(1)
会葬の礼状(2)
会葬の礼状(3)・・・社葬の場合
香典
お悔やみ状(1)・・・親を亡くされた方へのお悔やみ状(1)
お悔やみ状(2)・・・親を亡くされた方へのお悔やみ状(2)
お悔やみ状(3)・・・妻を亡くされた方へのお悔やみ状
お悔やみ状(4)・・・夫を亡くされた方へのお悔やみ状
お悔やみ状(5)・・・社長を亡くされた取引先へのお悔やみ状
お悔やみ状(6)・・・恩師の奥様へのお悔やみ状
お悔やみ状への礼状
香典への礼状
香典返し
香典返しに添える礼状
弔辞の礼状
忌明けの挨拶状
法事の招待状
法要の招待状
法要の通知状
喪中はがき(年賀欠礼の挨拶状)


 お悔やみの電報・弔電の文例
「 お悔やみの電報・弔電 」の文例
お悔やみ電報・弔電の文例
お悔やみ電報・弔電の文例(ご尊父様)
お悔やみ電報・弔電の文例(ご母堂様)
お悔やみ電報・弔電の文例(ご子息様)
お悔やみ電報・弔電の文例(ご令嬢様)
お悔やみ電報・弔電の文例(友人・先生)
お悔やみ電報・弔電の文例(会社関係)
お悔やみ電報・弔電の文例(弔問を欠席する場合)


 お悔やみの言葉・挨拶・お礼の言葉
「 葬儀・お悔やみ・弔事 」のマナー
ご遺族に対するお悔やみの言葉
事故でご家族を亡くされたご遺族に対するお悔やみの言葉
病気でご家族を亡くされたご遺族に対するお悔やみの言葉
会社の同僚のご遺族に対するお悔やみの言葉
葬儀に出席出来ない場合の断わりの言葉


 お葬式関連用語
会葬礼状 ・・・ お葬式のあと、会葬者へ出すお礼状。 通夜や告別式のとき受付などで返礼品、供養と一緒に渡すのが一般的
告別式 ・・・ 故人とゆかりのある人が最後のお別れをする儀式
香典 ・・・ 死者の霊に供える香の代わりの金銭(新札の使用はマナー違反です。)
香典返し ・・・ いただいた香典のお礼の品を、挨拶状を添えて送ること
弔問 ・・・ 遺族を訪ねてお悔やみを述べること
弔事 ・・・ 告別式に口頭で読まれる故人を弔う文章のこと
弔電 ・・・ 遺族に向けて発信された弔う電報のこと
通夜 ・・・ 葬儀前夜に行われる法要とその後の会食のこと
喪主 ・・・ 族を代表して祭祀を主宰する者




サイト内に記載されている情報の無断転載を禁止します。 http://okuyami.kokuranet.com